出会い系 写真交換 悪用

出会い系内で交換した写メを悪用されないために!

出会い系で自分の写メを載せるのは抵抗ある人が多いのではないでしょうか?

 

大手の出会い系なら写真は保存できなくなっているし、悪用される心配はありませんが、悪質サイトの場合は要注意!

 

あなたはただ写真を交換するつもりだったとしても、相手はあなたの顔写真を悪用するのが目的で、写真を回収している業者かもしれないんです!!

 

写真を送る時は、相手が本当に信用出来る相手なのかを見極めることが大切です。
ここでは写真を悪用する悪質業者や、悪用されないため気をつけることをまとめました。

 

 

スマホと街

 

 

 

写真回収業者について

出会い系で知り合った人と会う約束をする前に、連絡先交換はもちろん写真を交換することが多いと思いますが、出会い系には、一般ユーザーに混ざって、騙すために登録してる悪質な業者がたくさん紛れ込んでいます。

 

個人情報を交換する時は、本当に信用出来るのかをしっかり見極めてください!

 

中には、「だかが写メじゃん」と思う人もいるかもしれませんが、一般人の写真を欲しいと思っている業者は山ほどいます。

 

悪質な出会系や、風俗業者、チャット業者、サラ金関連などは、基本的に騙すことを目的としていることが多いので、そのカバーになってくる一般人の写真を常に求めています。

 

 

また写真は、証明写真とか集合写真じゃなく、自撮りのナチュナルな写真を欲しがっています。

 

出会い系には、多くの写真が溢れているので、ネット経由で写真を盗まれるだけじゃなくて、メールのやり取りをして写真を回収する業者も多くいます。

 

写真と言うのは著作権があるので、他人の写真を盗んで悪用するのは犯罪ですが、大きな事件などが起こらない限り警察が動くことは滅多にないんです。

 

それよりも見ず知らずの人にむやみに写真を送った自己管理不足を指摘されるので、写真や個人情報などは、大きな責任が伴うということをしっかり頭に入れておきましょう。

 

 

写真交換の危険性とは?

業者に1度でも写真を悪用されると、長期にわたりネット上で写真が出回る可能性が非常に高いです。

 

写真が出会い系のサクラ業者に渡ってしまった場合、サクラのプロフィール写真として悪用され、卑猥なメッセージと一緒にネット上に配信されてしまいます。

 

酷い時は、女性の裸の写真と合成されて、サイトのトップページに使われたり、エッチなチャットルームの看板広告で印刷されてしまう可能性もあるんです。

 

男1

サクラや風俗店では、写真をたらいまわしにするので、他の出会い系業者や風俗関係者に写真を転売することもあります。そうしてドンドン被害が拡大していきます。

 

ここまでになると、ネット上に出回る全ての写真を回収するのは、ほぼ不可能なので、泣き寝入りするしかないんです。

 

また出会い系で知り合った相手とトラブルになってしまった時に、「画像を流出されるぞ」と脅されるという事例もありました。

 

もともと相手が写真を悪用するつもりがなかったとしても、会ったこともない他人なので、簡単に信じてしまうのはよくありません。
写真交換をする時は、このような事態も想定して行ってくださいね!!

 

 

悪用例〜把握しておいて!〜

悪質な業者や利用者により写真を回収されてしまった時に、実際どのように悪用されるのか詳しく見ていきましょう。

 

出会系のサクラ用写真

出会い系業者が写真を集めて回収した場合、悪質出会い系サイトを運営している出会い系のサクラ用の写真として使われます。

 

サクラというのは、毎日多くの架空人物を作り、ユーザーにメールを送っているので、リアリティーを求めて、たくさんの一般人の写真を求めています。

 

デリバリー型風俗業者

優良の出会い系には、サクラがいないものの、デリバリー型風俗業者が一般会員になりすまし、登録していることがあります。

 

こういった業者は、回収した写真をサイトに載せ、客を集めるのが目的なので、プロフィール写真とは別人の女性が派遣されることはよくあることなんです。

 

 

ネット上に晒される

リベンジポルノは近年よく起っていることですが、リベンジポルノのように、逆恨みやいたずらなどで、他人のプライベート写真をネット上に流出させ、さらし者にするという事例もあります。

 

頭を抱える女

 

写真だけじゃなく、メールのやり取りなども一緒に公開されることもあり、精神的や社会的に大きなダメージを与えます。

 

 

住所を特定されてストーカー被害に遭う

最近のカメラには、写真にGPSの位置情報を記録することが出来るので、その写真から撮った場所を特定することが簡単に出来ます。

 

もしGPS機能がない写真でも、背景や建物を見て、場所を特定することも可能なので、背景などには十分注意しなくては、ストーカー被害に遭ってしまう可能性があります。

 

 

写真交換を安全にする方法は?

写真交換をして悪用されないためには、絶対に大手以外の出会い系を使って顔写真を載せたり、送らないようにするのが1番なんですが、出会い系では顔が見えないから、写真を求められることがほとんどです。

 

出会うために写真が必要なので、被害を最小限に抑えるために相手を見極め、工夫をして、交換するようにしたほうがいいです。

 

 

プロフィールや掲示板で写真を載せない

出会い系で写真を盗まれて使われるリスクを下げるためには、多くの人の目に留まらないことです。

 

顔写真を載せるとユーザーからの閲覧率が上がって、出会いのチャンスが増えるのは事実です。それと共に写真が盗まれるリスクもあがるということです。

 

いくらタイプの人と出会えても、自分の写真が流出して悪用されると後々大きなトラブルになる可能性があるので、顔写真はメールでやり取りをしている相手と個人的に交換するようにしたほうがいいでしょう。

 

 

人物像がはっきり特定出来ない写真を載せる

写真と一言で言っても、悪用されやすい物・されにくい物があります。

 

男4

悪用されやすい物は、顔全体や体全体が正面からはっきりわかる写真なので、特定されやすく、さまざまな事に使われる危険性が高いです!!

 

逆に顔を少し隠したり、斜めアングルから撮ることで、人物像がはっきりとわからない写真は悪用されにくいです。
もしも悪用されたとしても、個人を特定するのは難しいので、被害は少なくて済みます。

 

 

写真交換の時に注意しなくちゃいけない人

写真も大事な個人情報の1つです。
送った写メが悪用されないために、注意点や、注意した方がいい人物の特徴を紹介します。

 

初メールで写真を求めてくる人

出会い系では、すぐに会いたがってくる人が多いですが、初メールで写真を欲しがってくるのは、会うことよりも写真を欲しがっている可能性が非常に高いです。

 

男2

相手が写真を回収する目的の悪質業者なら、あなたに送るための写真を用意しておき、あなたが写真を送ってきた時点で目的が達成出来るので、その後はいきなり連絡が途絶えます。

 

確かにやり取りをする人の顔は気になりますが、初メールから写真を欲しがってきたら、しっかり断ってください。そしてこのような人には十分注意しましょう。

 

 

エロい写真を要求してくる

出会い系には言葉巧みに相手を持ち上げ、下着姿の写真を送るように仕向けてきます。

 

よくあるケースでは、その写真を保存して、会った時に写真をばらまくと脅し、性行為を強要するケースがとても多いです!!

 

裸

 

ターゲットは女性だけじゃなく、近年では男性の被害も多くなって来て、局部の写真を送らせて、それを使って恐喝することも多いです。

 

いずれにしても、会ったことがない相手に、エロい写真を求めてくる相手は、まともではないので、絶対に送らないでください。
そしてその人とやり取りを続けていてもいいことはないので、すぐにやり取りを辞めた方が良いでしょう。

 

 

まとめ

出会い系では顔が見えない相手とやり取りをするので、どのような危険があるかわかりません。

 

楽しくやり取りをしていたとしても、何かがきっかけで、態度を変えて別人になるなんてことはよくあることです。

 

多くの危険が潜んでいるので、出会い系を楽しく使うためには、出会い系での写真交換は慎重に考えてから行ってください。