出会いアプリ サクラ 業者 キャッシュバッカー

出会いアプリにいるサクラ・業者・キャッシュバッカーについて

出会いアプリには、サクラ・業者・キャッシュバッカーがいますが、これらの存在を全て同じだと思っていませんか?

 

これらが厄介な存在であることは間違えありませんが、同じではありませんし、様々な違いがあるので、それぞれについて紹介していきます。

 

 

 

 

 

サイトが自演しているサクラ

〇一般的なサクラ

サイト側が自身の意向でサクラを演じていることを言います。
プロフィールは、架空の人物をサクラが演じています。

 

サイトの自演のサクラと言うのは、アルバイトを募集しています。
今までは、男性がバイトしているイメージが強かったのが最近は、女性もサクラのバイトをするようになりました。

 

サクラのバイトをしている年齢層は広く、10代前後〜30代くらいまでです。
サクラのバイトは、通勤型と在宅型があり、在宅型は、自分の好きな時間にメールできるのがメリットです。

 

〇何が目的なのか

1番の目的は、課金させるためですが、他にも有料会員を繋ぎとめておくためです。
そしてサイトの売り上げをアップさせるためにサクラを使っているんです。

 

サクラを雇っているのは、基本的にポイント制の出会いアプリで、ポイント制は、メールするごとにポイントが消費されるので、女性とのやり取りのために男性は課金してポイントを購入しなくてはいけないんです。

 

メールしても女性から連絡が来なかったりすると男性は課金するのが嫌になりますし、退会してしまう人も少なくありません。

 

女性が多い出会いアプリなら、いちいちサクラを雇る必要はありませんが、ほとんどの出会いアプリは男性会員が圧倒的に多く、女性が少ないので、サクラを雇っています。

 

もちろんサクラを雇うのは、違法行為なので、いくら経営が厳しいからと言って、許されません。

 

 

〇どんなメールがくるのか

サクラはさまざまなメールを送ってきます。
サクラは男性に課金させるのが目的なので、とにかくやり取りを多くして、ポイントを消費させようと動きます。

 

日常会話もあれば、会いたいということを書いてメールしてくる場合もあります。
でも多くの男性にメールを送らなくちゃいけないので、テンプレートメールを送ってくる場合もあります。

 

まずはサクラからメールが来て、そのメールに返信が来たらテンプレートメールを使います。メールの流れは何となく見抜かれているんです!

 

 

〇サクラが嫌がるメールとは?

サクラは連絡先交換をしようというようなメールを嫌います。出会いアプリ内でメールしないと稼げないので、絶対に連絡先交換はしません。
また即会い系のメールも嫌がります。

 

サクラはいくらメールをしたとしても、会うことは出来ませんし、会う約束をしたとしてもドタキャンしてきます。
このような方法を使いますが、絶対に会うことは会うことはありません。

 

 

〇出会いアプリの中には、サクラがいることを書いている出会いアプリもある

出会いアプリがサクラを雇って、裁判を起こされると不利ですし、詐欺罪になる可能性もあります。

 

男4

それで裁判になっても言い逃れるようにするために、あらかじめ「サイトに架空人物がいる」という規約が書かれている場合もあります。

 

 

例えば、「当社が任意で作ったキャラクターが登録することもございます。」というように書かれていることがあるのでしっかりチェックしたほうがいいでしょう。

 

多くの人は規約を読まずに登録してしまうので、それを逆手に取っている卑怯な出会いアプリも多いです。

 

予め規約はしっかりチェックすれば、サクラのいる出会いアプリに登録しないで済むでしょう。

 

書かれていないのであれば、安心して使うことが出来るので、しっかり知っておくのがおすすめです!

 

 

 

業者が雇っているサクラ〜誘導業者・回収業者・デリヘル業者〜

サクラと言っても色々な種類の業者がいますし、種類ごとによって目的が違います。
出会いアプリではなく、外部の人とかかっているケースがほとんどで、誘導業者、回収業者、デリヘル業者の3つがあるので、1つ1つ紹介していきます。

 

〇誘導業者

誘導業者は、他のサイトなどに誘導するのを目的としている業者のことを言います。
そのサイトの関係者が出会系に紛れ込み、自社のサイトで誘導するためにさまざまな動きをします。

 

魅力的な女性や有名人になりきってメールをしてきます。
例えば、「私が登録しているサイトでお話しませんか?」というように言ってくるのが手口です。

 

メール内には、URLを貼り付けあり、それをクリックすると、有料のサイトに飛ばされます。もしも登録すると、登録費や年間費などかかります。

 

そのサイトは悪質なサイトの可能性が非常に高いので、料金も高額です!

 

でも誘導行為は多くの出会いアプリで禁止されています。
出会いアプリは会員を奪われたくないので当たり前です!!

 

誘導してくるユーザーを管理側に通報すると、退会処分にしてくれるので、誘導業者の存在を無くすためにも、誘導してくるユーザーに出会ったら、すぐに管理側に通報しましょう。

 

 

〇回収業者

回収業者とは、個人情報を集める業者のことを言います。

 

そして集めた個人情報は、他の業者に売買されるので、結果的に迷惑メールなどが多く届く原因になります。

 

回収業者が狙っている個人情報は、メールアドレス、LINEのID、電話番号の3つです。

 

3つの中でも最近は特にLINEのIDが回収されることが多くなっています。
LINEのIDは気軽に教えてもいいと思っている人が多いのでそこを狙っています。

 

確かにLINEは気に入らない相手がいればグロックしてしまえばいいですが、IDがバレているので違うIDからドンドン承認要請が来て、拒否する事態が大変になってしまうこともあります。

 

メールアドレスはかなり高値で売買される場合があります。迷惑メールを送る業者も生きているメールアドレスはいい獲物なので、1つのメールアドレスにつき2000円〜3000円など、それ以上の高値で売買されることもあるんです!!

 

例えば、100人にメールを送って、10人がメールアドレスを教えてくれたら、数万円の報酬になります。そのため、このような回収業者はいつまでたってもいなくならないのです。

 

回収業者の特徴は、ファーストメールから連絡先交換を希望してきます。

 

業者も1人に時間をかけていられませんし、大量のメールを送っています。
そしてその中の何人の情報を回収出来るかが勝負なんです!

 

そしてある程度回収できると、そのサイトからいなくなり、他のサイトで同じことを繰り返します。

 

回収業者も誘導業者と同様、出会いアプリの規約に触れる存在なので、回収業者らしき行動をするユーザーを管理側に通報すると、強制退会されるでしょう。

 

 

〇デリヘル業者

デリヘル業者は出会いアプリでも取り締まりづらい存在です。

 

デリヘル業者は、本来はダメですが、売春行為や買春行為が行っています。

 

男性は素人の女性とエッチしたいと思っていますが、相手がデリヘルだったということが出会いアプリではよくある話です。

 

男1

デリヘル業者が女性として登録して掲示板に書き込みをして募集をします。

やり取りをした男性と会う約束をして、待ち合わせ場所に女性を運ぶというのが流れです。

 

出会いアプリを使って、本番アリでデリヘル業者が営業しているというとわかりやすいでしょう。

 

ここで注意することは、男性とやり取りをしているのは、デリヘル業者の男性と言うことです。女性は絶対にメールしません!!

 

そして条件や日時などが決まったら、待ち合わせ場所に女性を送り、お金を払って、ホテルや車内などで、エッチをして終わりです。

 

でも男性は大人の出会いを求めていますが、素人女性を求めているので、デリヘル業者は望んでいません。なので嫌がられている存在です!!

 

〜デリヘル業者を見抜く方法〜

 

 

プロフィール写真で見抜くことが出来ます。
デリヘル業者が使っている画像は、拾い画を使っていることがほとんどで、使いまわしてるケースも少なくありません。
以前に見たことがある写真があれば注意したほうがいいでしょう。

 

また自己評価もチェックするといいですよ!

 

デリヘル業者は1つのIDで複数の女性を派遣するので、自己評価を個別で設定することが出来ません。
なので平均的な評価になることがほとんどです!

 

そして誰を派遣しても大丈夫なように当たり障りないプロフィールになっているのが特徴です。

 

年齢に関しては、20代前半になっていることが多いですが、実際は30代くらいのデリヘルガ派遣されることが多いのですが、若いと料金も高く設定出来るので、わざと若く設定されています。

 

その他にもメールの内容で判断することも出来ます。
デリヘル業者も業者のため、早く目的を果たそうと行動するので、すぐに条件を設定してきます。

 

例えば「○○前に19時半待ち合わせで、ゴム付き、ホ別2でお願いします。」
というようなメール内容もそっけないメールが多く、素人ならもう少し優しい言葉遣いでメールを送ってくるので、デリヘル業者は回転率で勝負しています。そのため即決を求めます。

 

ちなみに、「ホ別2」と言うのは、「ホテル代とは別に20000円」ということなので、ホ別と言ってくる場合は、デリヘル業者と疑った方が良いでしょう。

 

料金設定も見抜くためのポイントです。
デリヘル業者の利益は、女性と業者側で50:50のことが多いです。
どちらも10000円以上欲しいと思っているため、条件が20000円以上に設定されていることが多いんです。

 

 

 

素人のサクラ〜キャッシュバッカー・なりすまし(ネカマ)〜

 

〇キャッシュバッカー

キャッシュバッカーも業者と同じように、目的はお金目当てです。

 

でもここまで紹介した業者はプロがやっていますが、キャッシュバッカーは素人がやっています。

 

キャッシュバッカーは、自然に生まれた物で、各出会いアプリで女性がメールするとポイントを貯めるシステムが作られています。そのため一部の女性はお小遣い稼ぎのために、男性とメールのやり取りをします。

 

そして貯めたポイントは、現金などに換金できるという特典があるサイトが多いです。
基本的には、男性が使ったポイントの一部が女性に還元される仕組みになっています。

 

出会いアプリも多くの女性に登録してもらうために、女性がキャッシュバック制度を有効活用しているのを止めることはできませんし、その行為を制限することは出来ません。

 

でもキャッシュバッカーが多いという噂が立つと、男性会員がやめてしまう可能性があるので、キャッシュバックされるポイント数を減らしたりなどの対策をとっている出会いアプリもあります。

 

 

〇なりすまし(ネカマ)

男性が女性のフリをして出会いアプリに登録していることを「なりすまし」と言います。この存在は愉快犯で、数はそれほど多くありません。

 

なりすましは、ビジネスをしているのではなく、他の業者のように頻繁にメールをしている訳でもありません。活動は来たメールを返すくらいなんです!
男性からしたら、ポイントを無駄にするだけなので嫌な存在の1つです。

 

多くの出会いアプリでは、身分証明書やクレジットカード番号などを提示しないと登録出来ないので、活動しにくい状況になっていますが、セキュリティの甘い出会いアプリもたくさんあるので、そんな出会いアプリには多くのなりすましがいるので十分注意した方が良いでしょう。

 

 

最後にまとめ

出会いアプリには、色々な業者なキャッシュバッカーなどが存在しています。キャッシュバッカーなどの被害はほとんどありませんし、ポイントを消費されられるのは事実ですが、大量の消費には繋がらないでしょう。

 

それよりも注意しなくてはいけないのが業者のサクラの存在です。
サクラに引っかかってしまうと、使えないサイトを使い続けることになります。また誘導業者やデリヘル業者も危険な存在なので注意してください。

 

出会いアプリで出会いを求めることは決して悪いことではありませんが、夢を見過ぎるというのはよくありませんね!

 

出会いアプリにはサクラがいると理解して出会系を使わなくてはとても危険です!!
予め特徴などを知っておけば、サクラなのか判断も出来ると思います。

 

出会いアプリ初心者なら、サクラの種類だけはしっかり理解しておいたほうがいいでしょう。
何もわからない状態で使ってしまうとポイントを無駄にしてしまう可能性が高いので、少し知った上で使うようにすると安心して使うことが出来ます。