悪質 出会いアプリ 返金

悪質出会いアプリで料金を支払ってしまった!返金してもらえる?

悪質な出会いアプリに騙された場合、金銭的な被害もそうですが、精神的なダメージも大きいです。

 

精神的なダメージは、回復までに時間がかかってしまいますが、お金だけでも取り戻せれば、少しでも気が楽になるでしょう。

 

悪質な出会いアプリから返金してもらうためには、根気が必要です。
では今回は、返金してもらうためにはどうすればいいのか紹介していきます。

 

 

 

被害金額を取り戻すためには何が必要?

出会いアプリから返金してもらうためには、まずは必要な物を集めなくてはいけません。

 

返金のために必要な情報は、大きくわけると、「被害状況」と「出会いアプリサイトの情報」の2つです。

 

〇被害状況について

被害に遭った場合は、被害状況について出来るだけ情報を集めてください。

 

どんな些細なことでも役に立つ場合があります。また情報はあればあるだけ返信の可能性が高くなるので、どんなことでも集めておくといいでしょう。

 

〜必要になる主な情報〜

 

・出会いアプリに登録した日時、登録のきっかけ
・出会いアプリの利用期間
・出会いアプリ内で使っていたニックネームとプロフィール
・利用していた端末の機種や種類
・やり取りをしていた相手の名前とプロフィール
・やり取りの内容(やり取りの内容は出来ればスクショしておくといいです。)
・被害の総額
・支払いした回数と日時、支払い方法
・決済時の明細書やカードの明細書(もしもカードの明細書を無くしている場合は、カード会社にいうと発行することが出来ます。)

 

これらが主に必要なので、しっかり情報を集めておきましょう。

 

〇出会いアプリの情報

自分が使っていた出会いアプリについて、出来るだけ情報を集めましょう。

 

悪質な出会いアプリだと、頻繁にサイト名を変えたり、写真を変えるので、それらも全てスクショするなどして残しておきましょう。

 

〜出会いアプリの主な情報〜

 

・出会いアプリの名前
・出会いアプリのURL
・トップページの画像(スクショしておくといい!)
・運営会社の名前
・住所
・電話番号
・メールアドレス
・出会いアプリの代表の名前
・プライバシーポリシー
・料金形態
・利用規約や注意事項
・インターネット異性紹介事業番号
・「公安委員会届出済」「第2種電気通信事業」の記載の有無

 

これらが必要な情報なので、出来るだけ記録したり、保存しておきましょう。
またプリントアウトしておくといいかもしれません。

 

インターネット異性紹介事業番号と「公安委員会届出済」「第2種電気通信事業」が無い場合は違法な出会いアプリの証拠です。

 

また最も大切なことは、情報集めをしていることを出会いアプリ側に知られないことと、退会申請をしないことです。
騙されているフリをすれば、多くの情報を集めることが出来るので、注意してくださいね!

 

 

証拠集めのポイントとは?

悪質な出会いアプリ業者というのは、自分たちが詐欺をしていることを自覚しているので、先のことを考え、ドンドン証拠を消していきます。

 

メールのやり取りであれば、早いと3日で消しますし、遅くても2週間くらいでメールボックスから自動的に消される仕組みになっています。
そのため、慌てて証拠を探しても証拠がないとなる事もあるかもしれません。

 

そして出会いアプリ側を怪しんでいると察しすると、強制退会させられ、ログインできなくすることもあるので、怪しいなと思ったら、証拠集めを着々と進めていくといいでしょう。

 

また管理側は、ポイントを購入してる人とログインを頻繁にしている人をアクティブユーザーとして、積極的にメールを送ってくるので、ポイントが残っていればメールをしたり、ポイントが無い場合でもログインは頻繁にしてアクティブユーザーだと思い込ませましょう。

 

証拠集めをしている最中に退会申請をしないのは当たり前ですが、警察や弁護士、消費者センターなどの言葉を出すのも絶対にやめましょう。

 

悪質な出会いアプリは、詐欺のプロなので、非常に敏感になっています。

 

言ってしまいたい気持ちもわかりますが、確実に返金してもらうためには、ぐっとこらえることも重要です。

 

考える

 

 

どこに相談すればいいのか?

 

〇警察や弁護士にいきなり相談するのはダメ

詐欺などと聞くと、真っ先に警察が思い浮かぶと思いますが、日本の現在の法律では、警察は出会いアプリの調査をすることがあっても返金の手伝いをすることはほとんどありません。

 

それに警察は、被害や苦情の件数に応じて動くので、被害届を出すば受理してくれますが、状況が変わらないまま泣き寝入りしなくてはいけません。

 

弁護士の場合は、取り扱う案件によって、得意不得意があるので、弁護士に相談したからといって必ず返信してもらえるという訳ではありません。
また弁護士は、民間企業なので必ず相談料や着手金が必要です!

 

相談料や着手金は、返信がされなかったとしても必ず必要なので、更にお金がかかってしまう可能性も高いです。

 

〇消費者センターに相談しよう!

返金を希望しているなら、消費者センターに相談するのが1番です。

 

消費者センターがどこにあるかわからない場合は、サイトで検索してください。

 

消費者センターは、過去に同じような相談を受けている可能性が高いので、事例を元に返金が可能か相談に乗ってくれます。
また消費者センターによっては、出会いアプリ詐欺を取り扱ったことがある弁護士を紹介してくれる場合もあります。

 

消費者センターは、国の期間なので、安心して話すことが出来ますし、無料で相談出来る所が何よりも心強いポイントです。

 

1人で悩みを抱え込んでしまっても何も解決しないので、プロに相談をして、出来るだけ早く解決に繋げていきましょう。

 

 

 

取り返せる場合と取り返せない場合がある

出会いアプリに支払ったお金を取り戻すことは可能ですが、証拠がしかり揃っていても難しい場合あります。

 

また支払い方法によっても返金の可能性が変わってくるので、返金が期待できる順番から紹介していきます。

 

〇クレジットカードでの支払い

クレジットカードでの支払いの場合が、返金できる可能性が高いです。

 

男7

出会いアプリの支払い方法の中で1番返金の可能性が高いのは、このクレジットカードでの支払いなんです!

 

通常はクレジットカードでの支払いは、直接出会いアプリに支払っている訳じゃなく、決済会社を通して支払っています。

 

そのためクレジットカード会社が悪質な業者じゃないので、事情を話すと一時的に支払いの請求をストップしてくれる場合や、悪質な出会いアプリに対してサービスの提供を停止する場合もあります。

 

またクレジットカードの支払いは、基本リボ払いや一括払いのことが多いので、早めに対処すると全額返金が期待できます。

 

 

〇コンビニ決済・プリペードカードでの支払い・電子マネーでの支払い

これらの支払方法で返金できる可能性は、高くも低くも無く中間くらいでしょう。

 

先ほども言いましたが、出会いアプリに直接支払っている訳じゃないので、決済代行業者に問い合わせをして交渉出来ます。

 

ですが、これらは気軽に利用出来るので、クレジットカードみたいに制約や利用規約が無いので、返金出来る可能性はやや劣ります。

 

 

〇口座振り込みでの支払い

出会いアプリ側の銀行口座に振り込むと、返金できる可能性は低くなります!

 

銀行口座に直接振り込みをしば場合は、返金できる可能性がとても低くなります。
警察は個人の被害は、詳しい調査をしてくれませんし、出会いアプリが閉鎖したり、潰れた場合は、返金はほぼ期待できません。

 

このようなことを回避するには、クレジットカードや電子マネーを使ったりして、正体のわからない業者には直接支払いをするのはやめましょう。

 

 

最後にまとめ

悪質な出会いアプリから返金してもらうためには、冷静に根気のある対応が必要です。

 

金銭的、精神的なダメージを考えると、感情的になって責めたくなる気持ちもわかりますが、そうなってしまうと悪質な出会いアプリの思うツボです。

 

また詐欺業者に逃げられると、心にもダメージを受けたにも関わらず、返金も出来なくなると、もっとダメージが大きくなってしまいます。

 

人を騙す業者は許されません!
大切なお金を取り戻すには、時間がかかってしまう可能性が高いのであきらめてしまいそうになるかもしれませんが、あきらめずに頑張りましょう。